開店休業

やりたいことは我慢せず、気の進まないことはしない。と決めたオトコの日記。

いつまでも若いつもり

我が子たちが通った保育園のちょっとした催しがあった。現在その保育園に通う小さい子から二十歳を過ぎた卒園生、そしてその親たち。幅広い年齢層の集まりだった。

 

一番上の子が卒園してから15年くらい経つだろうか。5年振り、10年振りという面々との再会もあった。

 

顔を合わすなり

「全然変わらないねぇ!」

と、何人かに言われた。

 

「ん?オレもまだまだ若いのか?」

と、まんざらでもない。

 

ところが、その後に会う人もまた「変わらないねぇ」と。

会う人会う人に第一声で「変わらないね」と言われる。逆に結構老けちゃったのかなと勘ぐってしまう。

そうじゃない。

久しぶりに会った人の「変わらないねぇ」は単なる挨拶なのだ。

「こんにちは」とか「今日は暑いね」と同じだ。それを間に受け、いい気持ちになっているだけのことだ。

 

歓談中、スクリーンに流れる懐かしい映像の中に15年前の自分の姿が!

全然違う。「変わらないねぇ」どころか変わり果ててる。

そりゃそうだ。

15年も経ってるのだ。腹も出れば髪も減る、何と言っても肌艶が違う

 

いつまでも若いつもりでいたが、確実に歳はとっている。

そりゃ、いつまでも若くありたい。その願望が「まだまだ若いなオレも」と勘違いさせる。

 

20代のオレはまだまだヒヨッコだが、10代のオレから見た20代のオレは十分オトナだろう。

20代のオレから見た30代のオレはもうオッサンだし、そろそろ落ち着いてきているだろう。本人にしてみれば少しも落ち着いていなかったが。

30代のオレから見た40代のオレは、くたびれた中年だろう。今から考えればまだまだ元気だったが。

40代のオレから見れば、50代のオレはもはや初老だろう。まだ認めたくはないが。

 

いつになったら、歳相応の自分を受け入れられるのだろう。

 

カラダも昔ほどは動かないし、反射神経も衰えて、最近物忘れが多いと思うけど、まだまだ昔のようにクルマの運転はできるぜ。

そう思いながら運転する80歳にはなりたくないと思う。

 

そろそろ運転はしない方がいいなと、自分の衰えを受け入れることが出来るだろうか。

手遅れにならないうちに。