開店休業

やりたいことは我慢せず、気の進まないことはしない。と決めたオトコの日記。

名前で呼んで 〜お前が打たなきゃ誰が打つ〜

中日ドラゴンズ・与田監督が、応援歌「サウスポー」のついて「お前」という表現をやめて「選手名」にしてくれと要望したことに端を発し、ちょっとした騒動になっている。

子供たちの教育上、「お前」は好ましくないというのが理由。

 

 

 

この騒動については、「そこはお前でいいんじゃない?」「ここまで騒ぐ?」という感想しかない。ただ、ひとつ思い出したことがある。

 

愚息が少年野球をしていた頃、当時の監督が選手を背番号で呼んでいたことがあった。

これには違和感があった。

相手が子供とはいえオトナたちは礼節に厳しい。挨拶がないと大声で怒鳴りしかる。その厳しいオトナたちの中でさらに監督という立場にあって、名前ではなく背番号で呼ぶのはどうかと思った。

日頃、厳しく指導しているオトナたちだが、そこは誰も気にしてはいなかった。何人かに話してみたが、返ってきた答えは「そんな些細なこと気にしなくていいんじゃないの」というものばかり。

 

これ、一人のコーチが背番号で呼んでて、それを監督が問題視した場合は話が違ってくる。多くのオトナが同調し、「背番号で呼ぶのはやめよう、一人一人名前があるのだから」ってなったりする。

 

さて、与田監督は選手を「お前」と呼んだり「背番号」で呼んだりしてはいないでしょうか。また、そもそもずっと球団OBでもあり解説者としてメディアにも出ていて、なぜ今になって言い出すのか。

 

ここら辺には興味があるんだけど、騒ぎの割にそこは誰も気にしないのかなぁ。

 

 

中継ぎ力~リストラ社会ニッポンの新しい生き方~ (ワニブックスPLUS新書)

中継ぎ力~リストラ社会ニッポンの新しい生き方~ (ワニブックスPLUS新書)

 
消えた剛速球―157キロで駆け抜けた直球人生

消えた剛速球―157キロで駆け抜けた直球人生