開店休業

やりたいことは我慢せず、気の進まないことはしない。と決めたオトコの日記。

考えているようで、何も考えていない日々

f:id:hnyssh:20191101152902j:plain

カメラを持って町並みを歩くとき、何かいい被写体はないか目を皿のようにして歩く。

そうやって歩くと、普段目に入っていないものに気づく。

こんなところにこんなベンチがあったのか、とか。

この汚いお店、意外と風情があるな、とか。

 

普段、いろいろ考えながら生きているつもりではある。

だから、その考えていることを書く、と思えばネタは尽きないはずだ。

ところが、「わざわざ書くようなことがない」という日がなんと多いことか。

 

考えているつもりで、何も考えていないのか、俺は?

 

ボォーっと生きてんじゃねぇよ!

と、言われても何も言えない。

 

毎日、仕事して生活して、色々なことがある。

昨日とは違う今日。

今日とは違う明日。

そんな毎日を過ごしているはずだ。

 

なのに。

ここで書くようなことが毎日あるわけではない。

普通はそんな刺激に溢れた日々じゃない。

毎朝同じ時間の電車に乗って、昨日の仕事の続きで日が暮れる。長い月日を費やした仕事が実を結ぶのはほんの一瞬で、少しホッとした後、また次の仕事が始まるのだ。

 

何かを書くためには、もっともっと見なければならないのかなと思う。

世間を賑わすゴシップにも、深く考察すべき何かがあるはず。

 昨日と同じ駅までの道でも、昨日と違う何かがあるはず。

 

そう考えると、やはり「ボォーっと生きて」しまっているかもしれない。

 

カメラを手に街を歩くように、日常を歩くと違うものが見えてくるかもしれない。