モノはいつまで大事に使うか?

モノを大事にしなさい

 

そう言われて育ったヒトは少なくないだろう。

そんなにしつこく言われた記憶はないが、ボクもココロの奥の方にそう言う価値観が刷り込まれている。

若い頃は、それほど大事にしていなかったかもしれないけれど、自分でお金を稼ぐようになり、子供が生まれたりして、だんだんとその意識も高まっていったようにも思う。

 

我が家はわりと何でもボロボロになるまで使う方だ。中古で買ったクルマを乗り潰し、20年前に買った冷蔵庫はいまだに現役だ。

 

先日、物置になってしまった部屋を片付けようと、その部屋のエアコンを付けたら水がポタポタたれてきた。中古で買った家についていたエアコンなので下手すると30年モノだが、そろそろ限界かもしれない。

 

家電はあまり無理して使うよりも、買い替えてしまった方が快適だったりエコだったりする。クルマも最近じゃカーシェアリングが広まっている。高い維持費で古い車を所有するより、乗るときだけ借りた方が快適で経済的かもしれない。

 

昨年、これまた20年くらい使っている洗濯機がすごい音を鳴らし始めたので買い替えた。少々値が張ったが洗濯乾燥機にした。この乾燥機が便利で、今までの雨の日や梅雨時の部屋干しの鬱陶しさから解放された。

 

モノは大事にした方がいい。

でも無理して我慢して大事に長く使うのもいいが、程々にしてもいいのかもしれない。