役所に出す書類の面倒さ

例えば、児童手当を受け取るための申請書。

例えば、確定申告の書類。

例えば、年末調整の書類。

 

ほかに何があるだろう。

この手の書類はどうしてこんなにも分かりにくいのだろう。どう書いたらいいのかチンプンカンプンだ。

今、ある届出をするための書類を作るのに四苦八苦している。

 

何度か確定申告を自分でしたこともあるし、法人化しているのでこの手の書類を書くことも時々ある。

それでも、初めて書く書類はチンプンカンプンだ。

「チンプンカンプンって漢字でどう書くのだろう?」

それと同じくらいどう書いたらいいか分からない。

もはや何を言っているかもチンプンカンプンだ。

 

こういう時は専門家にアドバイスを求めるに限る。

税理士さんとか、社労士さんとか、司法書士さんとか。お金を払えば、代わりに書いてくれる。

お金で解決するなんて金持ちっぽいな。

 

ボクはアドバイスを求めるが、出来るだけ自分で書こうと思うたちである。

自分で書くことで、少しだけ何かが分かったりするからだ。確定申告を自分ですることで、税金の事について少しだけ詳しくなれる。

 

かんぽ生命が、高齢者を騙すように保険を売っていた。

大事な書類をよく読まず、人に書いてもらう風習につけ込んだ悪質な不正だと思う。

 

自分の身を守るためにも、自分で読み、自分で書く。

面倒くさいからと言って、人任せにしない。

そういう事も大事だと思う。

 

とは言え、面倒くさいなぁ。