便利さの代償

横浜のシーサイドラインという鉄道で逆走事故が起こった。

シーサイドラインは無人の自動運転で運行されているそうで、日本には「ゆりかもめ」など複数のそういった路線があるそうだ。

 

普段気にせず利用しているくせに、あらためて自動運転と聞くと、「なんか怖いな」「大丈夫なのかな」と思ってしまう。

何かあったときに機械は何とかしようとはしてくれない。

後ろ向きに走り出しても「あれ?おかしいな?」と気づいてブレーキを踏んだりはしてくれない。

そんな血の通わない機械に大事な命を預けて大丈夫なのだろうか。

 

じゃあ、人が運転していたら大丈夫なのだろうか。

飲酒して飛行機に乗るパイロットもいれば、ほとんど寝ずに観光バスを運転するドライバーもいる。街を歩いていても、アクセルとブレーキを踏み間違えた自動車が襲いかかってくることもある。

 

クルマも電車も飛行機も便利だ。

クルマの自動運転もそう遠くない未来に一般的になるに違いない。携帯電話もスマホもインターネットも便利だ。世の中どんどん便利になっていく。

ぼくらはその便利さを享受している。

 

その便利さと引き換えに何かを失っているのかもしれない。かもしれないが、今更なしには出来ない。

 

出来るのは賢く付き合うことくらいか。