開店休業

やりたいことは我慢せず、気の進まないことはしない。と決めたオトコの日記。

運命の日 〜ドラフト会議2019〜

今年もドラフト会議の日がやってきた。

ぼくの応援するカープはクライマックス進出も逃し、この時期の楽しみはドラフト会議だけとなってしまった。

数年ぶりの寂しいポストシーズンだ。

 

一方、プロ野球選手を目指す選手たちにとっては運命の日。

プロになれるのかなれないのか。どの球団に選ばれるのか。何位で指名されるのか。球団同士の駆け引き、重複指名による抽選、などなど、エンターテイメントとしても楽しめる。

 

けれども、選手たちにとってはやはり大変な一日、まさに運命の日だ。

行きたい球団が選べない、クジで行き先が決まるなど、選ばれる側の気持ちになってみると、運命という言葉では割り切れないものもあるだろうなぁ。

環境が整っている、給料が高い、より出番に恵まれそう、育成力が高い、そんなチームに行きたいと思っても、自分で選ぶことは出来ないのだから。

 

戦力均衡のためとか、マネーゲームを防ぐためとか、いろんなことを考えて紆余曲折を経て今の制度になっていることはわかる。

ドラフト制度については賛否両論あるのはみんな知っていて、その上でエンターテイメントとして楽しんでいるところもある。

 

昔ほどどちらかのリーグや特定の球団に人気が集中しなくなったし、各球団の待遇や環境もあがってきているので、以前より運命に翻弄されている感じはしなくなってきた。

これは、良いことなんだと思う。

 

ただね。

Jリーグと比べると、サッカーの方が健全な感じがしちゃうんだよな。

 

と言いつつもドラフトの日を心待ちにしていたし、結果に一喜一憂して楽しんだんだけどね。