開店休業

やりたいことは我慢せず、気の進まないことはしない。と決めたオトコの日記。

100人の前でも1万人の前でも同じように歌えるか

確か武田鉄矢さんだったと思うのだが、こんな事を言っていた。

 

プロならば、お客さんが100人でも1万人でも、同じようなテンションで歌えないといけない

 

同感である。

 

カラオケなんかに例えて申し訳ないが、みんながノリノリで手拍子してくれていると気持ちよく歌えるが、別の話で盛り上がっているとそうはいかない。それでも同じように気持ち良く歌えないと、プロにはなれないだろうな。どんなに歌が上手くても。

 

プロになるような人が海外の路上で弾き語りしている動画をみると、本当にそうだなと思う。

数人の見物人しかいなくても、「ここで歌えてなんて幸せなんだ」という顔して歌っている。そのうちに人が集まり始め、やがて観衆になる。

 

最近は野外音楽フェスが盛んだが、演歌歌手や往年の大物歌手などが時々出演している。完全にアウェーな舞台に飛び込み、最後は聴衆を魅了している姿を見るとプロとしての凄みを感じる。

 

プロって凄いなっていうハナシでした。