開店休業

やりたいことは我慢せず、気の進まないことはしない。と決めたオトコの日記。

ゆっくりペンを走らせる

f:id:hnyssh:20191111235902j:plain

手帳にメモをとる。

最近、そういう機会も減って来ている。

今日メモを取っている時、たまたまなのだが、ゆっくり字を書いてみた。

書いてみたというより、自然とゆっくり書いてしまった。

そしたら、なんだか気持ちよかった。

いつもより少し丁寧に書けた気がした。

いつもより少し上手に書けた気がした。

 

そう思って、書いた字をまじまじと見てみたが、取り立てていつもより綺麗な字というわけではなかった。

いやでも、さささっと書いてしまう字に比べれば数段見やすい。

 

線をサッと書いてしまうのではなく、しっかりと、すぅーっと筆を運び、しっかりと止める。

どこから筆を入れてどこまで伸ばすか、思い浮かべながら書き始め、しっかり止める、しっかり跳ねる。

 

どちらにせよ大して上手な字ではない。むしろ下手くそだ。

それでも、いつもより少し上手に見える。

書いていてどこか気持ちいい。

 

普段、どれだけ雑に書いていることか。

 

同じことが、色々なことに当てはまるかもしれない。 

 

駅から職場まで足早に先を急ぐ。

電車に乗っている時間も有効活用とばかりにスマホで情報収集。

ゆっくり景色や周りを見ながら移動してみたらどうだろうか。 

 

何通ものメールにせわしなく返信を打つ。

送信ボタンを押す前に一息入れて、ちょっとした一言を入れてみるとどうだろう。

 

毎日書くことだけが大事になってしまったブログ。

毎日じゃなくていいから、じっくり書いてみたらどうだろうか。

 

高速道路で車と車の間を縫うように飛ばしていくクルマ。

ゆっくり走ってサービスエリアに寄ると、隣に止まっているじゃないか。

 

じっくり、ゆっくり走っても、そんなに変わらないのかもしれないな。