最後の夜、最初の朝

平成が終わり、令和が始まった。

 

我が家では、最後の夜も最初の朝もいたっていつも通りだったが、世の中は少し騒がしかったようだ。平成の30年間を振り返る番組や記事、そして午前0時のカウントダウン。でも、昭和が平成になるときは、もっともっと騒がしかったように思う。

 

唐突に時代(元号)が変わり、バブル崩壊、阪神大震災、地下鉄サリン事件、911テロ、とどんどん色んなことが起こり「この先どうなるのだろうか」という不安感が募っていくような時代だったようにも思う。

 

しっかり準備期間があった今回は、少し浮かれることはありながらも落ち着いた感じがしていていいなぁ。

 

いつもと変わらぬ夜、そして朝。

 

明日も明後日もその先も、そうだといいね。