声の掛け方 〜福井優也とフォアボール〜

3日、広島東洋カープから東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した福井優也投手が移籍後初登板、5回4安打無失点5四死球楽天は3−2で勝利。

 

福井投手は球の強さを高く評価されながらも四球からの自滅が多く、制球難とそこからくる精神面が課題とされていた。

 

楽天の平石監督はそんな福井に「攻めて攻めての四球は福井の『持ち味』。多少の四球なんか気にせず、投げ込んでいけ」と伝え、これに対し福井は「これまで『四球は減らせ』としか言われてこなかった。本当はダメだと自分でも分かってる。でも、監督が『持ち味』と言ってくれることで、気持ちが『陰』に入らず、前向きに課題を直視できる」と語っている。

 

かなり気持ちが楽になる言葉をかけてもらった福井の今後の投球がどう変わるか非常に楽しみである。そして、このような声がけができる平石監督率いる今シーズンの楽天にも注目していきたい。

 

このような人を活かす声の掛け方は、日常生活でも参考にしたい。

スポーツ指導者や部下を持つ管理職にも参考になるだろう。

 

www.nikkansports.com

 

www.sponichi.co.jp