サイン、盗むべからず

高校生の息子と春の選抜高校野球を見に行ってきました。

何試合か観戦しましたが、星稜高校習志野高校の対戦はとても見応えのある試合でした。私と息子は良い試合を見たという心地良い興奮に浸っていました。しかし、試合後にスマホを弄っていると、そんな気分を吹き飛ばすニュースが目に飛び込んできました。

 

 

星稜の林監督が試合後の記者会見で習志野のサイン盗みに言及、さらには習志野の控室に乗り込み、習志野の小林監督に直接抗議を行ったと言うのです。

 

星稜林監督の行動に問題が無いとは思いませんが、そこばかり取り上げられてしまっている感は否めません。

 

そもそも、サイン盗みという行為を立証するのは難しい。

そのような行為に対して罰則はないが禁止するという規則。

バレても注意で済むなら、勝つためにはサイン盗みも厭わないという考え。

 

このような問題について議論が発展していくと良いのですが・・・

 

 

以下の記事には色々と考えさせられますので、是非読んで見てください。 

 

diamond.jp

 

 

今回の件は、昨今のスポーツ界の様々な問題と根本で通ずるところもある気がします。

 

「じゃぁ、どうしたら良いんだ?」という問いに明確な答えを用意できないのが、こういった問題の難しいところですよね・・・